抜け毛と薄毛の原因として考えられるもの

女性の抜け毛が多くなって薄毛になる原因は、様々なものがあります。

もともと、抜け毛は50代くらいからの男性というイメージでしたが、近年は、若い20代や30代から髪に悩む女性が増えています。

その中では、ホルモンバランスの乱れや崩れによるものがあり、更年期世代にあたる40代以降はホルモン分泌量が減少することが原因の一つと考えられてきました。

20代や30代の若い世代に多い原因には、不規則な食生活や生活習慣によるものがあげられます。

そして、過度なダイエットなどで、栄養不足になってしまったり、睡眠不足、ストレス、喫煙などもあります。

出産後には、かなりの女性が抜け毛が増えたとの声がでているくらいに、産後脱毛との言葉を聞いたことがあるかもしれません。

他には、若い頃からのパーマやカラーリングが増え、頭皮の悪化も低年齢化しているといえます。

ヘアケア剤などは、化学成分が多く含まれますから、頭皮の対するダメージも増え、皮膚にトラブルや炎症を抱える人もでています。

夏に紫外線を多く浴びることで、皮膚と同じく頭皮もダメージを受けるため、紫外線にさらされている肌と頭皮が受けたダメージも、本来は同じくケアする必要があります。

他に、毛細血管の血液がうまく循環せずに乱れて、毛が細くなってしまうこともあります。

今はストレス社会とも言われくらいストレスが多い世の中となっています。

でもその中で、いかに自分がストレスをためずに暮らしていけるかが大切です。

ストレスを抱えていると、日常生活はもちろんのこと、知らず知らずのうちに心にも体にも何かしらの影響がでてくるので注意が必要です。

関連ページ

抜け毛薄毛予防と対策
女性の抜け毛や薄毛予防のための対策